世の中に絶えてメイドのなかりせば萌えの心はのどけからまし

Webサイト「外神田7丁目のキセキ」のブログ版です。ブログでは更新の案内や主観的な内容など。まれにサイトより早く情報をアップすることもあります。

文芸

メイド喫茶を風俗、風俗という西村京太郎・十津川警部シリーズ最新作『アキバ戦争』

西村京太郎が考える秋葉原 トラベルミステリの一人者西村京太郎の十津川警部シリーズ最新作『アキバ戦争(AA)』が発売されました。十津川警部シリーズとしては3年ぶりの新作とのこと。

 日本画家の大家が強引に連れて行かれたメイドカフェで18歳で交通事故死した娘あすかに似たメイド喫茶のWRの明日香(18歳)に出会った。娘の代わりにと高級ホテルに泊まらせ、ブランド服を買い与え・・・かりそめの父娘の生活を楽しんだ・・・直後明日香が誘拐された。そこ立ち上がったのがメイドの明日香のファン、城萌え三銃士と呼ばれる3人だった・・・

 西村京太郎というと鉄道ダイヤをはじめとしたトリックでそのリアリティさが、読者の心をつかんでいたが、『日本ダービー殺人事件』のような、専門外の分野に手を出して、間違いが多いと指摘されることがある。今回も『アキバ戦争』のテクストからメイド喫茶関連の記述を検証してみる。

17-18P
「秋葉原は風俗の先端、アキバで一番盛んな風俗はメイド喫茶」

 民俗学的な風俗であれば、そういう表現もありかと思うが、その期待はのちに見事に裏切られる。

19P
「最上階の七階」

 劇中に登場するメイドカフェは雑居ビルの7階。これに該当するのは、@ほぉ〜むかふぇ本店とぴなふぉあ2号店。しかし「おまじない」やメイドにランキングが導入されているため、モデルは@ほぉ〜むかふぇ本店。なおあすかはお店のNO.3という位置づけ。

105P
「昔ながらの古い電気街、そしてもう一つは、新しいビルがそびえている新しい技術の街、その中間に風俗の街がある。」

 図にしてみました。民俗学的な風俗であれば風俗街にはならない。このことから、風俗がいかがわしさをにおわすものということがわかる。もちろん大きな間違い。メイド喫茶はいわゆる風俗ではないし、再開発地区と電気街の間にメイド喫茶が集まっているわけではない。そして新しいビルであれば新しい技術という大きな勘違い。新しいビルはあくまでオフィスビル。秋葉原で風俗というと再開発側、昭和通りがメインとなる。

115P
「オタクらしく振舞い、缶詰のラーメン缶を手に持ったり」

 ラーメン缶を持つのは観光客。もちろんホコ天でエアガンを乱射したり、ストリップショーを敢行するのもオタクの振る舞いではない。

191P
「メイド喫茶や和服喫茶、あるいは、ツンデレ喫茶といった店がが一日一軒の割合で、増えている。」

 秋葉原には和服喫茶やツンデレ喫茶は存在せず、もちろん1日1軒も増えない。フィクションといえばそれまでだが、その後にフィギュアの衣装への言及があり、和服は人気がないとある。人気のない和服を衣装として取り入れる喫茶がとの整合性が取れない。

 このほか、秋葉原に近い赤羽など、基本的な間違いの記述も目立つ。秋葉原-赤羽間は約20分で、これは秋葉原-新宿よりも遠く、赤羽からは池袋、上野が誓い。秋葉原に近いという地名であれば浅草橋、湯島、本郷3丁目など徒歩圏が一般的でこの街より近い繁華街がないことが前提となる。西村京太郎はどうしてしまったのだろう?

 交通事故で亡くなった娘、メイドカフェで働く女の子も永遠の18歳から変わらない、という設定がポイントだったのかなあ、と思う。それならそれで違う展開もあったのでは。

<参考ブログ>
cogito,ergo sum
送信完了。:読書系小日記
K's Station

中野ブロンディーズ開演!

332ad9b1.jpg 写真レポート掲載しました!

 3月12日から20日まで新宿のスペースゼロにて『中野ブロンディーズ』というミュージカルが公演されます。12日は公開ゲネプロにお邪魔してきました。ストーリーは中野系オタクの女の子たちが、自分たちの聖地を守るために、チアリーディング部に挑戦する青春ストーリー。ストーリー展開がわかりやすい分、各出演者の個性が出てきます。歌あり、ダンスあり、チアありとにぎやか。出演はモデルでもありグラビアで人気の杉本有美さん、何度か取材させていただいたことのある12ヶ月連続CD発売でも話題のゆりしーこと落合祐里香さん、ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」の4代目黒木マリナさん、ハロプロエッグの森咲樹さんなど、これからさらなる活躍が期待できる成長著しい出演者の皆様でした。7丁目のキセキでは公演後に写真レポートを掲載予定ですが、ひとまず公演を実際に見てきたという人たちの声を集めてみました。

杉本有美ファンブログ
妖精マーサの満腹日記(ベリキューエッグなんでもアリ!)
雨の中 傘をささずに踊る人
おおいなるアンチョコ人生
たきれん研究所のひとりごと
サラリーマン馬主の別荘

 演技が光ると自然とシャッターを切る回数も多くなる。撮影した写真は1000枚ほど。そのうちwebに掲載しているのは50枚強です。

<参考サイト>
中野ブロンディーズオフィシャルブログ
アキバ総研

バークス
ぁみログ
三波豊和の『こんな話あんな話』
冨塚智『王子なんだもの』

2008年版「もえるるぶ」掲載メイド系ショップリスト

 2006年版では取り上げられている店舗は厳選と書いたけど、今回は腐女子向けのカフェはほぼ網羅されているのに対し、メイドカフェの掲載されていない店との差が大きく厳選というよりは単純に知っている店だけなのか編集方針として広告タイアップとしてしまったのかと中身が乏しくなってしまっている。横浜のお店が1店舗も紹介されていない。鉄道での豊岡真澄さんの引退は直前だったため印刷には間に合わなかっただろうが、店名の変わったストロベリィやリニューアルした中野のEdenの情報が古く発売時にはすでに使えないという情報も掲載されてしまっている。

■アキバMAP
・秋葉原案内所
・あきば女子寮
・山本耳かき店
・メイドステーションカフェ
・LittlePSX
・LittleBSD
・コスプレ酒場不思議亭

■ある日のアキバ
・VIERGEのメイドさん(キャプションなし)

■コスプレ体験
・プラーナリフレ
・メイド倶楽部
・スタジオカフェ☆ストロベリィ(取材後店名変更)

■メイド
・@ほぉ〜むカフェ本店
・カフェドール東京
・Cos-Cha
・プリンセスプリン
・東京メイド喫茶ティアラ
・HIYOKO家
・Schatzkiste
・メイドルカフェアキバ一丁目劇場
・メイドカフェぴなふぉあ
・maid cafe & bar up Q up
・ワンダーパーラーカフェ
・メイキュア
・Cutie Relax
・MAIFOOT
・来夢来人
・アキバギルド
・CANDY FRUIT OPTICAL
・メイドダーツバー&カフェ LittlePSX(2回目)
・Pash cafe NAGOMI
・St.GraceCourt
・Cafe with Cat
・王立アフィリア魔法学院

■女性がはまる魅惑の世界
・執事喫茶Swallowtail
・Edelstein
・Eighty Plus One
・Love-all
・B:Lily-Rose

■喜屋武ちあきと行く中野オタクツアー
・Bar Eden(リニューアル前)

■アキバ以外にもまだまだある都内オタクショップセレクション
・コスプレ酒場不思議亭(2回目)
・秘密基地ROBO太
・すみれの天窓

■オーサカ・ディープストリート日本橋、オタロード周辺ショップセレクション
・メイドカフェCCOちゃ
・リフレッシュ工房アトリエMiMi
・CafeDoll大阪

■名古屋もどえりゃあアツイ!!大須オタクショップセレクション
・M's Melody
・L@yers Cafeコモック
・Maid style
・王立アフィリア・ダイニング
・やすらぎ居酒屋月天

■仙台オタクショップセレクション
・fairy tale

■全国オタクショップセレクション
・Romeo+Giulietta(札幌)
・maidoll(静岡)
・表町改造計画(岡山)
・PARTY CAFEよかちゃ

 一部のブログでは、ガイドではなくオタク入門書?とも書かれている。同種のオタク入門書であれば講談社「メカビ」、三才ブックス「現代視覚文化研究」などがあり、オススメするにしても「もえるるぶ」の優先度は低い。

<参考記事>
2年ぶりの発行も劣化した?もえるるぶ2008年版

<参考ブログ>
アキバBlog
せなか:オタロードBlog
ダメ店員の無駄話
らじかる☆ちゃんねる
こまったちゃん。のきまぐれ感想記
Sternklare Nacht 〜星月夜〜
漫画・アニメコレクション不定期日記
おまけ的ポンバシ

2年ぶりの発行も劣化した?もえるるぶ2008年版

35ede68b.jpg 2年ぶりに「もえるるぶ(AA)」が3月3日に発売となった。今回は取り扱う範囲を全国に拡大、そのため副題として「COOL JAPANオタクニッポンガイド」と付けられている。しかしオタクから見ると表紙に大きく「COOL JAPAN」とあるのは不安。そして悪い予想は当たるもの。

 何をやりたいのか見えていなくて、情報量があるわけでもなく、最新の情報でもなく、写真もメイドカフェ系の写真は特に写りが悪い。さらに盗撮と思われるような写真まである。オタクな著名人へのインタビュー記事的なものもあるけど、ガイドブックの体裁になっていない。さらにムックとなっためか、B5サイズの版型となって携帯性も低くなった。そもそも索引のないガイドはガイドとして役に立つのか?

 唐突にAKB48を使ってしまうのも、巻頭に海外の格闘家へのインタビューをした上でメイド、コスプレ、腐女子とコンテンツが流れるのも、鉄ヲタに焦点を当てたからであろうか廃墟・自衛隊・警察ネタを取り入れ同列に扱おうとするのは、あまりにオタク文化への理解度が低いといわざるを得ない。ベースとして二次元文化を満遍なく紹介した上で、補足としてアイドル、格闘家、鉄道など周辺のヲタク文化を取り入れる形ならOK。この場合でもガイド本とは言いにくいけど。

 奥付を見ると、編集スタッフが刷新されていて、前回までのまとまりが引き継げなかったのは、このあたりの内部の事情があったのはないだろうか?と邪推してしまう。

 以前、編集部に直凸して聞いたときには、社内の風当たりが強かったとは言っていたが。そのときは2007年版が出るならすでに編集作業をやっていなければならないタイミングで、07年版はもろもろの事情で出ないよ、とも。

 2008年版も広告集めには苦労したみたいだし、中身も物足りない。オタク=格闘家好きという幻想は、競馬ファン=格闘技ファンと同じようなレベルです。単にオタクや競馬界隈は幅が広いのでその中で合致する趣味が出てきて、それが業界の人で発言好きだと大きく取り上げられるだけのこと。

※ここでいうオタクの定義は二次元文化を主とした狭義のオタクと思われる。

<参考記事>
2006年もえるるぶ掲載のメイドカフェと萌え系カフェ
2008年版「もえるるぶ」掲載メイド系ショップリスト

<参考ブログ>
中途半端 A GO! GO!
AKB48物語『終わりなき夢それぞれの道』
らじかる☆ちゃんねる
【カオス通信】コスプレ・メイド・聖地巡礼もお任せ!バイブル『オタクニッポンガイド』降臨←提灯記事っぷりに目が当てられない。 

3月に必見のミュージカル「中野ブロンディーズ」

 関係者の方からこのミュージカルを教えていただいたのですが、中野系オタク女子がチアリーディングをやってみるというストーリーだけではなく、出演者が魅力的。実際にお会いしたことがあるのは、秋葉原で何度か取材させていただいたゆりしーだけですが、フットサルの取材動向でカレッツァの長谷川桃さんも写真を撮ったはず。チーム集合や試合の様子を。
 そして@ほぉ〜むカフェの生みの親・河原さんのお名前もプロデューサとして見ることができる。学生時代にチアリーダー部を作ったそうです。その経験から今回の企画が生まれたのかな?オタク版スイングガールズ的な成功を収めるか、今から楽しみです。
 外神田7丁目のキセキでは2月12日付けで、このミュージカルを紹介させていただきました。プレス向けの発表などありましたら、スケジュール最優先で取材してw、積極的に取り上げていきたいと思います。

<参考ブログ>
Tears of a Clown
北小金 葵の「悲しみにつばをかけろ」
あやあや応援ブログ(仮)
サラリーマン馬主の別荘
ますみにおまかせ
お気に入りゲーム日記。そして持病の不整脈について

メイド刑事、小説版6巻、コミック1巻ほぼ同時発売

 2月はまずはコミック版が、続いて小説版が発売。いつの間にか漫画化されるほど人気になっていた作品です。勧善懲悪ものだから映像化もしやすいとは思うけど、それにはもう少し世界観の作りこみが欲しいかな、と。外神田7丁目のキセキでは2月10日付けにて紹介させていただきました。

 今、ラノベは『狼と香辛料』を読んでいますが。

<参考ブログ>
ギニャー!!専用ズコー!!
濃霧-gNorm- ひょうたん書店 準公式サイト
ええがな、ええがな。
好きな言葉は臥薪嘗胆
謎鳥
屋根裏の秘密基地
今までに購入した漫画、ゲームのメモ
Alles ist im Wandel
どりーんのなんでも読書日記
マンガ一巻読破
アーリオオーリオ トゥリ
黒い天使のブログ
何かよくわからん気まぐれBlog

『メイド諸君』3巻が発売

 きづきあきらのリアルなメイドカフェのスタッフを描いた『メイド諸君(AA)』の3巻が発売となりました。しかし表紙がアレだな。

 今回のストーリーでは客を好きになったメイドさんが、「プライベートでも・・・」というシーンがあります。が実際に、メイドカフェのメイドさんがプライベートでもメイドのロールプレイを行うか?という点では非常にレアなケース。一般的にはメイド服を脱げば、普通のお嬢さん(ヲタ要素を普通と呼ぶかはさておき)と変わらないのが多く、ある店の採用基準もオンとオフ、すなわち接客をロールプレイと協調性と理解できているかを重視している店があります。

 この記事も含めて、他の話題は本サイト

<参考ブログ>
きづきあきら 缶詰の地獄
忙殺れぼりゅーしょん!
ダメだし書店
明らかに偏った日々

メカビとメイド刑事

 季刊化を果たした「メカビ」3号では、前号のTBSに引き続き秋葉原をテーマにしたテレビ番組作りの時に演出として出演する自称オタクの人たちへのインタビューが収録されています。中にはアキバ王選手権の優勝者でアキバOSの中の人が自分はにわかオタクとカミングアウトするシーンも。彼らがテレビに出るのは、別にオタクや秋葉原がどうのというより、自分たちがテレビに出られればいい、そのためには演出もやむ得ないということ。さらにテレビクルーが短い番組でも朝早くから準備しているのを見て、悪くいうことはできないという擁護論まで飛び出す始末。

 視聴率至上主義で過剰演出ややらせでないと視聴率が取れないテレビの構造がおかしいだけで、そもそも長時間収録に時間をかけているというのが同情を引くのではあれば、テレビの偏向報道で被害を受ける人たちはどうなんでしょう?たとえばプログラマは過酷な労働条件の下、残業代が出ないという人たちもいるし、ショップ店員も朝から夜まで終電後でも作業していることは珍しくありません。条件は皆同じわけです。

 メイド刑事5巻では、主人公若槻葵が仕える警察庁長官宅にセレブ訪問と称して、テレビの取材が入るシーンがあります。演出を求めるクルーに対して、日常生活を貫く葵たち。それをどう編集するかは制作会社の能力なわけです。テレビと事実が違うという、というクレームを受けるリスク、こちらの方が大きな問題。

メイド諸君2巻発売!とらのあなcafe with catで「メイド諸君!」登場カフェの出張営業

b9165414.jpg 秋葉原のメイドカフェを舞台にしたマンガ「メイド諸君!(AA)」の2巻の発売を記念してとらのあなのcafe with catでは6月2、3日に劇中に登場する「メイドカフェミルフィール」への変身する。詳細はまだ明らかになっていないが、作品ではメイドさんとのじゃんけんなどゲームを行うメニューも存在する。cafe with catでもそんなスペシャルメニューが実現するのであろうか。続きを読む

舞台「メイド喫茶の神様」オークション終了、最高額はすずきはるフレンチメイド服

6e4fcf3c.jpg 舞台「メイド喫茶の神様」で使われたメイド服や仲村みうさんが描いた似顔絵、ポラなどが17商品が出品されていたオークションが終了した。いずれも10件以上の入札があり、盛り上がっていたよう。続きを読む

舞台「メイド喫茶の神様」写真レポート

dame_meido お待たせしました4月13〜15日にシアターV赤坂で公演された『メイド喫茶の神様』の写真レポートです。写真はゲネプロ(GP)時のもので、本番の舞台とは若干異なる部分があるのはご了承ください。GPとはドイツ語のGeneralprobe(ゲネラールプローベ)を略した言葉で、初日間近に舞台上で行う最後の全体リハーサル、「通し稽古」のことを意味します。続きを読む

『メイド喫茶の神様』オークション始まる

 4月13〜15日にシアターV赤坂で開催された舞台『メイド喫茶の神様』で実際に使われたメイド服を含めたオークションがヤフオクで始まった。対象となっているのは、出演者の仲村みうさん、山本早織さん、すずきはるさん、坂本りおんさん、かなさん、桜川ひめこさんが実際の舞台で着た衣装。さらに、劇中で使用した似顔絵、ポラロイドなど計18点が出品されている。続きを読む

メイド関連本2冊発売、『ハヤテのごとく』11巻、『イエスタデイをうたって』5巻には野中晴メイドフィギュア付き

イエスタデイ 4月1日からアニメ放送が始まった畑健二郎『ハヤテのごとく!(AA)』11巻と、2年9ヶ月振りの新刊となる冬目景『イエスタデイをうたって(AA)』の5巻が同時に発売となった。写真はメロンブックスの『イエスタデイをうたって5巻』。続きを読む

AKB48出演映画『あしたの私のつくり方』ポスタ、アキバにお目見え

abbc4ab9.jpg 4月28日からシネ・リーブル池袋、渋谷アミューズCQNなどで公開される市川準監督、成海璃子主演の『あしたの私のつくり方』のポスタをドンキホーテ秋葉原店で見つけた。AKB48劇場以外でファン以外が目に付くところで露出したのは秋葉原でははじめてと思われる。続きを読む

舞台「メイド喫茶の神様」、キャストのメイド姿、ヤフオクでのオークションも

メイド喫茶の神様415 写真レポートの前にもうひとつ。キャストのメイド服姿も。秋葉原でのプロモーションでは、舞台となるメイドカフェ「からふる」のダメバージョン時のメイド服で、復活を目指し、それぞれのメイドさんに合わせたメイド服を用意します。これらのメイド服はなんと19日0時〜23日0時までヤフオクに出品されるとのこと。続きを読む

舞台『メイド喫茶の神様』、閉幕。続編の可能性も

68e8e168.jpg シアターV赤坂で公演されていた舞台『メイド喫茶の神様』が15日に千秋楽を迎えた。期間中、外神田7丁目のキセキではゲネプロと本公演の2回、鑑賞。ゲネと本番との違いは、舞台となるメイド喫茶のディスプレイに追加があり"Love Chocolatte"の文字が入ったタオルも使用されていた。またセリフにも修正が入っていたし、観客との一体感があって舞台は完成する。

 写真は公演期間中にオープンしていた劇場の喫茶コーナー「メイド喫茶からふる」。続きを読む

舞台『メイド喫茶の神様』、特別ゲストに人気メイド喫茶のカリスマメイドさん

踊るメイドヲタ芸メイド 4月13〜15日に公演されている『メイド喫茶の神様』では特別ゲストとして、秋葉原の人気メイド喫茶の現役メイドさんが特別ゲストとして出演している。最初の写真はめいどinじゃぱんの御手洗瑠璃さんが歌うシーン、後ろではぴなふぉあの田川まゆみさんがヲタ芸を打っています。続きを読む

「メイド喫茶の神様」開演

4554772b.jpg ミスヤンマガの仲村みうさん主演、メイリッシュ・ぴなふぉあ・めいどinじゃぱんの現役メイドさんも特別出演、小学生メイドまで登場する演劇「メイド喫茶の神様」の公演がシアターV赤坂で始まった。

 公演は15日まで。14日・15日の公演スケジュールは以下の通り。
 14日 開場13:30 開演14:00
    開場18:30 開演19:00
 15日 開場11:30 開演12:00
    開場16:30 開演17:00続きを読む

「ダ・ヴィンチ5月号」で古屋兎丸がメイドカフェを描く

9d7ed157.jpg 6日に発売された「ダ・ヴィンチ5月号」に連載されている古屋兎丸の『鈍器降臨』にて「メイドカフェデビュー」という読者エッセイとともメイドカフェを題材とした4コマ漫画が掲載された。続きを読む

サイゾー「激化する秋葉原メイドビジネス』記事間違い

 雑誌「サイゾー」に『激化する秋葉原メイドビジネス』と題して、秋葉原のメイドカフェに関する記事がある。ライターは春日さとし、ググッてもヒットしないライタ。記事では森永卓郎氏にもインタビューをしているようだが、「萌バーガー」がただ7ヶ月で閉店、「魔法のティールーム」が2ヶ月で閉店を競争の激化のため、と書いている。実際には萌バーガーは店名変更だし、魔法のティールームはケータイ販売のミス。さらにリフレの淘汰が激しいともあるが、リフレの方が安定しやすいという話もある。記事自体、突っ込みどころか多すぎで果たしてこの著者はメイドカフェを伝聞だけで書いているようではないかと思ってしまう内容。

<関連記事>
「メイド喫茶の選び方10ヵ条(暫定版)」 の補足修正

<参考サイト>
激化する秋葉原メイドビジネス

アキバが舞台のゲーム制作マンガ『大東京ボックス1』発売、執事カフェも登場

fc5cab72.jpg 幻冬舎の「月刊コミックバーズ」に連載されているうめ氏の『大東京トイボックス(AA)』の1巻が発売となった。これは以前、講談社「モーニング」で連載されていた『東京トイボックス』(全2巻)の続編にあたる。続きを読む

「世界に広がる萌え文化」ニューズウィーク日本語版でアキバ、萌え特集

8b2507b5.jpg 14日発売の「ニューズウィーク日本語版」はアキバ、萌え特集として表紙をメイドさんが飾った。海外のメディアでアニメやマンガではなく「萌え」を前面に押し出したものは珍しい。特集では「萌える世界 世界に広がる萌え文化 マンガ、アニメのブームを超えたアキバ文化の国際化」として、メイドカフェなど世界各地に広がるオタク文化が紹介された。

 ただし国際版、アジア版の表紙はメイドさんではないよう。

秋葉原で完結したはずのメイドマンガ『エマ』新刊、DVD-BOX告知始まる

b068bcb2.jpg 正統派メイド喫茶の理想のメイド像としても人気のメイド漫画『エマ』の8巻(AA)と廉価版DVD-BOX(AA)の告知看板をK-BOOKS、メロンブックスで見つけた。8巻は3月26日、DVD-BOXは3月21日発売。続きを読む

アイドルと現役人気メイドがコラボした舞台が春に公演

3bbdc0d2.jpg 2006年ミスヤンマガの仲村みう主演でアキバ系アイドルの桜川ひめこ、ぴなふぉあの現役メイド田川まゆみ、メイリッシュの現役メイドありさなどアイドルと現役メイドカフェのメイドさんが出演する舞台『メイド喫茶の神様』が4月13〜15日にシアターVアカサカで公演される。

 『メイド喫茶の神様』は、株式会社キャビネットの楽屋プロジェクトvol.1として生まれたもの。演出野坂実、脚本伊福部崇。チケットはローソンチケットなどで販売。前売5000円、当日6000円。

 詳しくは今週末の制作発表会にて。秋葉原モバイルでは制作発表会の様子を速報いたします。

今度は絵描き歌、シャッツキステ『ともしびの旋律3』発売

2d8efa66.jpg シャッツキステ通算4冊目となる同人誌『ともしびの旋律3』が10日から発売されている。表紙は昨年末に煩悩の数だけ作ったフェルト人形・・・同人誌のタイトルのせいか、自分にはピアノの鍵盤のようにも見えました。続きを読む

『会長はメイド様』2発売、お店改装した?

38fab6af.jpg 藤原ヒロの『会長はメイド様(AA)』の2巻が5日発売された。「会長はメイド様」はツンデレコミックとして一般の雑誌にも紹介される少女コミックの人気作品。メイド服やお店のモデルがショコラッテから始まったこともあり、このブログでは猛烈応援しているわけだが・・・ショコラッテ色は薄くなり、いろんなお店の話題性のあるところが前面に出てくるようになっている。続きを読む

【コミケ】どんどんマニアックに行っているのか、秋葉原の同人誌

e3272284.jpg コミックマーケット71では、秋葉原をテーマにした同人サークルにもお邪魔させていただきました。

 秋葉原をネタにする場合は2つの方向性があるようで、ひとつは秋葉原のショップガイド、そして生活の場としての秋葉原の視点。続きを読む

「少年フェイト」、17日19時の時点で秋葉原に在庫あり

 発売数日で秋葉原での書店では売り切れが相次いだTYPE-MOONの同人誌「少年フェイト」が16日に一部の書店で再入荷、17日19時の時点でも手に入った。

 これを受けてか中古書店での買取価格は1000円前後、在庫のある古書店を見つけることは秋葉原ではできなかった。

 一方、ネットオークションでは3000円での入札があり、定価の倍近くまで相場が上がっている。

少年フェイト、秋葉原壊滅も再入荷はありそう

50646f45.jpg 同人誌扱いで一般書店には流通していないTYPE-MOONの新刊「少年フェイト」は、メロンブックスでは16日の朝に再入荷があるという告知があった。続きを読む

メイドさんがいっぱいな「おたまっぷ」が、秋葉原上陸

おたまっぷ 日本橋のフリーペーパーとして発行されてきた「おたまっぷ」が秋葉原に進出、各メイドカフェで手に入るようになった。おたまっぷはメイドカフェの情報に力を入れていて、今回は1月の発行ということもあり、巻頭特集ではメイドさんにより書初めのコーナーがある。続きを読む

週刊アスキーで秋葉原のショップ店員が支持するメイドさんランキングを発表

週刊アスキー 1月9日発売の「週刊アスキー」にてパーツショップ店員の座談会のコーナーでショップ店員が支持するメイドさんランキングなるものが発表されている。
続きを読む

「妄想少女オタク系」サイン会に行ってきました

妄想少女オタク系 23日、とらのあな本店にて『妄想少女オタク系』の著者紺条夏生さんのサイン会が行われた。サイン会は1部、2部に分かれていたが、男性の参加者が多く、会場をみた限りでは男性が95%くらいだったよう。続きを読む

シャッツ同人誌ともしびの物語発売

e29d486e.jpg 22日にシャッツキステの同人誌は通算3冊目となる『ともしびの物語2』が発売となりました。今回はめるさんが主役。シャッツキステをモチーフにした漫画とうさぎをモチーフにした物語のコラボレーションストーリとなっている。

 そのめるさんの個展「はちと天女とかぼちゃ展」が24〜30日まで銀座のギャラリー「フォレスト」にて開催される。12:30〜19:00(30日のみ17:30まで)。

<参考サイト>
白崎める個展

『秋葉原人』でメイドカフェの売り上げが暴露された!?

お叱りCD 千代田区議の小林たかや氏が書いた『秋葉原人』が20日発売された。秋葉原で生まれ育った区議は、これまでフリーペーパーの「あきば通」を発行してきたが、今回は秋葉原の中でよくも悪くも話題となったショップの経営者に取材した内容を元に書籍化されている。続きを読む

表参道のよつばと!展

よつばと1 秋葉原の街を離れて表参道で行われているよつばと!展に行ってきました。写真撮影は原画はできませんが、動物との撮影はOKです。
続きを読む

年末はアキバ本、ヲタク本のラッシュ?

メカビ2号 11月末に山と渓谷社が「秋葉原完全攻略マップ&ガイド'07(AA)」を発行したのに続き、12月も秋葉原やオタクに関する書籍が出る。続きを読む

AKB48が集英社の男性向け雑誌を完全制覇!? ジャンプでパロディ漫画

skb48 「週刊少年ジャンプ」52号でAKB48をパロッた漫画が掲載された。AKB48が集英社の主流ともいえる雑誌に出てきたのは、「週刊ヤングジャンプ」「週刊プレイボーイ」に続くもの。
続きを読む

警察では警視監もメイドとしては雑役女中な『メイド刑事3』発売

b33e07da.jpg メイドさん的Blogの中の人もお勧めのシリーズ『メイド刑事3(AA)』が発売された。2巻では正直パワー不足を感じたけど、新刊では新キャラも登場し、2巻までは読者に世界観を植えつけるもので、3巻からが本番のよう。続きを読む

第5回文学フリマにて「日刊アキバ」が創刊?

日刊アキバ 12日に秋葉原の中小企業振興公社で行われた第5回文学フリマで講談社が「日刊アキバ」という夕刊紙に似た号外チラシを発行していた。これは近日創刊される講談社のアキバ系文学のプロモーション。
続きを読む

13日発売の「週刊プレイボーイ」に平野綾VS小嶋陽菜(AKB48)

 13日発売の雑誌「週刊プレイボーイ」に次世代の美少女ヒロイン41人を紹介するコーナーがあり、アーティスト部門で平野綾と、AKB48の小嶋陽菜が並んで掲載されている。扱いはこじはるの方が大きい。続きを読む

Hanakoで秋葉原特集〜普通の街を演出?

hanakoAKIBA特集 雑誌「Hanako」でAKIBA特集。今回の特集の特徴としてはメイドカフェの紹介がない。AKB48はある。読みどころはUDXなど再開発ビルのOLを対象としたアンケートの結果。ほかのコーナーは秋葉原の街にもAKIBA-ICHIのようなオフィス街にあるようなキレイな飲食店があるよというイメージ戦略とオススメ家電のカタログとなっている。続きを読む

『秋葉日和』が新宿タワレコに進出。合言葉は"NO MAID,NO LIFE"

秋葉日和 9月25日に発売された写真集『秋葉日和(AA)』のイベントが11日13時から新宿タワーレコードで開催される。過去にゲーマーズ本店、書泉ブックタワーなどでイベントを実施してきたが、11日のイベントは一連のイベントのトリを飾るとともに、規模的にも最も大きなものと予想される。当日の参加もOK。続きを読む

「メカビ」を破った!?キレイ系オタク雑誌「Beth」が創刊(一応メイドカフェネタあり)

beth 講談社の社内プレゼンにて「メカビ」を上回る評価を受け創刊となったと噂もある女性向け漫画雑誌「Beth」が8日創刊された。当初はオタク属性を持つけれどもオシャレもしたいという女性向けというコンセプトだったような記憶があるが、出てきたのは読者層の年齢を高めにとったようなコミック誌となっている。続きを読む

「メルボルン」がブーム!?秋葉原の同人誌即売会に芥川賞作家が・・・

轟高校図書委員会 今年の直木賞作家三浦しをんが腐女子だったのは良く知られているが、オタク率の高い図書局出身の芥川賞作家の長嶋有が中心となった同人誌「メルボルン1」が創刊され、12日に秋葉原の中小企業振興公社の「第5回文学フリマ」にては発売される。内容はオリジナルでかっこいい文芸誌を狙っているよう。
続きを読む

「ダ・ヴィンチ」12月号、ポスト「のだめ」に『会長はメイド様』

b819979b.jpg メディアファクトリーの雑誌「ダ・ヴィンチ」12月号では、『NANA』『のだめカンタービレ』『ハチミツとクローバー』に続く少女マンガについての特集を行っている。続きを読む

「週刊少年ジャンプ」48号『アイシールド21』でもメイド喫茶

 前号に引き続き『アイシールド21』にてメイド喫茶ネタがでてくる。前回のクイズ大会の罰ゲームにて王城のレシーバー、桜庭春人くんがメイド服を着るもの。なお今号では「アイシールド」は巻頭を飾っている。続きを読む

フルスペックメイドカフェ漫画『メイド諸君!』1巻発売

e6bfd613.jpg 秋葉原の架空のメイドカフェを舞台にしたコミック『メイド諸君!(AA)』の1巻が発売された。メイドカフェの嫌な部分も含めて作品の中に登場してくる。フルスペックとタイトルに入れたのは、秋葉原にあるいろんなメイドカフェの要素が作中に登場するため。続きを読む

「週刊少年ジャンプ」47号『アイシールド21』でメイド喫茶

 23日発売(一部地区で24日発売)の「週刊少年ジャンプ」47号に連載されている『アイシールド21』の劇中にメイド喫茶の言葉が出てくることがわかった。過去にこち亀で秋葉原、メイドカフェをテーマにした回があったけど、ほかのメジャーコミックでメイドカフェが出てくるのは珍しい。
続きを読む

雑誌「散歩の達人」に萌え萌えオムライス

散歩の達人 21日発売の雑誌「散歩の達人」11月号のオムライス特集にJAMアキハバラ名物の萌え萌えオムライスが紹介されている。一般の雑誌に料理の話題でメイドカフェが登場するのはうれしいこと。続きを読む

秋葉原エンタまつり公式ムック「AkibaWalker'06」発売

da6f3129.jpg 20日に発売されたアキバガイド本です。エンタまつりの記事はありませんが、公式ムックとのこと。メイド、飲食店、AKB48の記事がメイン。アキバ経済新聞では「初心者向け」とあるけどショップの紹介はない。あくまでも秋葉原に行ったら有名なメイドカフェ、AKB48に行ければいいや、という考える人がターゲットなる。ただこういう人たちはすでに行っているか、780円も出してこの本を買う層ではないと思う。続きを読む
オススメ記事
遂に登場!
秋葉原メイドカフェ
ポジショニングマップ

初心者からメイドカフェファンの
店舗新規開拓にも使える!!
メイド養成講座にも一部使われているかも

Archives
Recent TrackBacks
自らに由る (HottaWorld::「活・喝・勝」)
秋葉原、今度はリバティで火事?
恐らくアキバ史上最悪の凶悪事件 (9日加筆) (江戸秋葉原文芸堂/写真・短歌・俳句・随筆・ノベルゲーム開発室(by文芸アキバ派))
秋葉原の歩行者天国で通り魔
秋葉原 通り魔 ブログの書き込み件数 (Digital Life Everyday :デジタルライフ・エブリデイ)
秋葉原の歩行者天国で通り魔
Profile
やん
元競馬メディアの編集。競馬の歴史を紐解くとヴィクトリア朝つながりでメイドカフェにたどり着いたわけです(笑) 得意ジャンルはメイドカフェ・・・ではなくて書籍。某大型書店(非アキバ)の仕入れを担当していました。ご要望からあればいつでも秋葉原には飛んで行きます。連絡はミクシィもしくは、サイトまで。メールはmaid_maido@horse.livedoor.comです。タレコミ情報歓迎です。

過去のエントリーも改稿していることがあります。投稿日時よりあとの話が書いていることがあるのはそのため。
移転しました
本ブログ「秋葉原」外神田7丁目のキセキは新サイトに移行しました。メイドカフェ関連の最新情報は新サイト「外神田7丁目のキセキ」にてお楽しみください。

外神田バナー

本ブログはお知らせとして継続しますが、メインは新サイトとなります。更新頻度や情報量にも差がありますので、ぜひ新サイトをご利用ください。
ブログリスト
  • ライブドアブログ