6a878b1d.jpg 原書房から杉浦由美子著『オタク女子研究(AA)』という本が出ました。杉浦氏は「AERA」での「萌える女オタク」から、オタク=男性だけではなく女性もいるんだよ、と萌えブームの中、非オタク層にも存在をアピールしたライタ。原書房にはレファレンス本や難しい本を出しているイメージがありましたが、島田荘司オンライン、ハリポタ本、ナルニア本などエンタメ系の活動をしていて、たぶん面白いことをちょっと高尚に考えてみようというコンセプトがあるのかもしれない。そうやって読者の知的好奇心を煽って、本を買ってもらおうという戦略。
 amazonの書評やブログなどの評判が悪いので、自分なりに読んで検証してみました。たしかに、著者の周りの人たちの意見が中心で説得力に欠ける内容だったり、秋葉原の駅にある書店を「書泉グランデ」と書いたり(正しくは書泉ブックタワー、最近棚の配置が変わりました)、ユニクロが「リーズナブルでセンスがよい」と書いたり恋愛至上主義に「ヤンキー」とルビを振ったりと???が多い。

 それでも、この本のよいところは内容が正しいか正しくないか、というところにあるのではなく、非オタク層に女性のオタクがいる、という存在を明らかにしたところに意義があると思う。もしこのジャンルのニーズがあるのなら、後追いでもいいので、もっといい本が情報が流れるようになればいい。

<参考記事>
オタク女子研究まとめ

<参考ブログ>
空虚であること(杉浦由美子のこんなもの見ました。)←TBやコメントをエントリーごとに制御するくらいなら、最初から表示しない方がいいと思う。
借りる(腐女子言端の内と外)
『オタク女子研究 腐女子思想大系』批判(夜来るの怠惰な日記)
3月28日の腐女子ニュース(萌えプレ)
秋葉原デパートの本屋にて(食べて、寝て、観て)
再録:「オタク女子研究」(再イオン化)
本と中華と笑いの日々
『オタク女子研究』著者インタビューを読んで(傍観者の叫喚ーネタバレ全開!)
『オタク女子研究』読んだ。(さかさまつげ)
この前友達に借りた本(55 GLIDER)
オタク女子研究〜腐女子思想大系 杉浦由美子:著(オタク道)
NKじゃないです。名古屋です。(難儀日記)
オタク女子研究(聖ミカエル学園男子部)
かもすものは人それぞれ(Landlash)
「オタク女子研究」再再読(一日一やおい)
原書房さん、あざーす(「ウリ専! ♂が♂に体を売る仕事」)
息を吐く(腐女子言端の内と外)
何故いきなりジェンダー本を読むようになったか・・・(世はおしなべて1/3)
一度綺麗にして、またぶちまけるよ。(滅茶苦茶ヤバイ青き思い出ver.3)